• ホーム
  • EDになりやすい人の性格の特徴

EDになりやすい人の性格の特徴

薬を飲んでいる男性

EDになりやすい人に共通しているのは、ストレスを溜め込んでいることです。
ほとんどストレスを感じていない方は、何歳になっても元気にSEXできるものです。
年齢や食生活、喫煙などの問題よりも、ストレスが大きく影響しているのです。
その中でも最大のストレスは仕事からくるものです。
男性にとって仕事場は戦場であり、ストレスにさらされやすい場でもあります。
仕事のストレスをうまく解消できれば、EDを防ぐことができるのです。
加齢により勃起力は衰えていきますが、これは自然現象なので気にする必要はありません。
注意をするべき状態は、年齢を考慮しても勃起力が弱い状況です。
ストレスを感じやすい方、ストレス解消が苦手な方は、EDになるリスクが高いと言えます。
神経質、几帳面、自信過剰といった方も要注意でしょう。
過度の自信の裏には、自信のなさが隠れていると言われています。
精神的に強くない方ほど、自分を強く見せようとするものです。
他人から攻撃されることに慣れていない方は、自尊心を失うとうつ病になることもあります。
精神疾患は非常に治りにくく、心因性のEDにおいては精神安定剤や睡眠薬の処方を受けて治療される場合もあります。
興奮があるけど立たない状態であれば、治療薬を服用すれば改善するでしょう。
しかし、興奮を感じていても陰茎海綿体に流れる血流量が少なければ、十分な硬さにはなりません。
ネガティブ思考の方ほどEDになりやすいので、自分の中でネガティブなことは考えないと決めることです。
考えて改善できることなら意味がありますが、悩んでいるだけでは意味がありません。
考えているという方の多くは、実際には改善策を持たずに悩んでいるだけなのです。
やるべきことをやったら、あとはどうにかなると楽観視することも必要でしょう。

関連記事
  • 幸せなカップル
    EDになりやすい人の生活習慣 EDになりやすい人に共通するのは、血行不良、慢性的なストレス、睡眠不足などです。 EDはペニス自体の... 2019年05月09日
サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ