• ホーム
  • 緑内障の患者のED治療薬の服用に関する質問のまとめ

緑内障の患者のED治療薬の服用に関する質問のまとめ

笑顔の男性

緑内障の患者のED治療薬の治療薬の服用に関しては全く問題はありませんが、使用している点眼薬によっては服用することができないので、緑内障の症状がある場合には飲み合わせに問題がある点眼薬をまとめてあるサイトなどを参考にしてED治療を行う必要があります。
緑内障治療薬の中には目の血管を拡張させる作用がある成分を含んでいるものがあり、同時に服用することで、目の充血がひどくなる可能性があるので、添付文書などに併用禁忌薬として表示されていなくても、専門の医療機関がまとめている飲み合わせに関する資料を参考にして副作用を防がなければなりません。
基本的にはEDと緑内障は全く治療方法が異なっているので、ほとんどの場合は問題がありませんが、点眼薬に関するまとめをしっかりと把握してから服用しなければなりません。
緑内障は30代後半から多くなる病気で、EDの症状が出やすい年齢と重なっているので、薬の併用に関しては注意が必要で、ED治療薬を処方するときに医師に相談をして飲み合わせの問題をクリアしてから服用しなければなりません。
またEDの症状を抑制するための精神安定剤は緑内障の治療中には服用できないものなので、違うタイプの薬を処方してもらえるようにしなければなりません。
緑内障は症状の進行を抑えることができる病気ですが、そのためには毎日欠かさず点眼薬などを用いなければならないので、ED治療薬を変更して副作用を抑えるのが一般的で、サプリメントなどを利用してEDの症状を改善したり、筋力トレーニングや認知行動療法による根本的な治療を行うことで、薬を必要としない治療をすることができますが、長い期間が必要とされるので、緊張や不安によるストレスを解消することも非常に大切です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧