• ホーム
  • ファイザーのED治療薬と血圧の変化

ファイザーのED治療薬と血圧の変化

ファイザー社製のED治療薬は血圧を下げる作用があるので、血圧降下薬などを服用していると急激に変化をするので飲み合わせに注意が必要とされていますが、ファイザーのED治療薬は副作用が少なく安全性の高い薬なので、飲み合わせに注意をしておけば安心して服用することができます。
EDは勃起不全の状態でセックスの時に短時間ならば勃起することができますが、射精まで至らないので、不完全なセックスになって満足度が低くなります。
セックスはパートナーとの信頼感や安心感を高めるために必要な行為なので、適切な治療を行わなければお互いの信頼が揺らぐ可能性もあります。
ED治療薬は血圧を下げる作用や血管を拡張させる効果によってペニスに血液が流れやすくなるもので、世界的にも普及していて日本ではファイザー社が製造した勃起治療薬が初めての処方薬だったので勃起治療薬の代名詞になっています。
最近では新しいタイプの治療薬が開発されていて、長時間効果が継続するタイプのものが世界的に人気となっていてシェアを伸ばしています。
勃起治療薬と一緒に服用するとリスクを伴う薬としては血圧降下薬の他にも抗真菌薬や抗ウイルス薬などがあり、これらを一緒に服用すると血中濃度が高まるので、血圧が急激に低下することで意識障害などを起こすことがあります。
医療機関を受診して処方してもらうのが一般的ですが、自由診療なので、個人輸入を利用して購入しても価格はほとんど変わりません。
個人輸入をするとジェネリック医薬品を手に入れることができるので、半額程度で手に入れることができますが、世界的に偽物が流通しているので注意が必要とされています。
また健康被害などが生じた場合のアフターケアに関しても不安があります。

関連記事